這天終於來了......乃木坂46白石麻衣宣佈畢業


(來源:サンスポ)

白石麻衣が卒業発表!乃木坂の絶対的エースついに…「個人の道で成長」

乃木坂46の白石麻衣(27)が6日、東京都内でサンケイスポーツなどの取材に応じ、グループから卒業することを発表した。3月25日発売のシングルの活動が最後になり、正式な時期は今後決定する。白石はこの日、メンバー全員に卒業を報告し、結成から8年あまりを過ごした仲間との日々に「運命なんじゃないかな」と感謝。「乃木坂46に頼らず、個人の道で成長していきたい」と卒業後は女優やモデルとして活動していくことを宣言した。

人気メンバーが相次いで卒業している乃木坂46の“最後の大物”が、ついにグループを巣立つ。

穏やかな笑みを浮かべた白石は1、2年前から卒業を意識し、昨夏に決断したと告白。4期生ら後輩の成長を感じたことが理由で、「27歳になって、外から乃木坂を見守っていきたいという気持ちが強くなりました。乃木坂は大きくなれると思います」と期待を込めて一大決心した。

3月25日に発売される新曲(タイトル未定)がラストシングルで、卒業ライブの時期は今後発表される。

ともに1期生で同い年の松村沙友理(27)には昨年末までに意思を告げ、この日はメンバーを前に直接報告した。「生ちゃん(生田絵梨花)、(秋元)真夏、高山(一実)が『いなくなっちゃうのは寂しい』と言ってくれました」と同期の反応を明かし、昨年の大みそかに出場したNHK紅白歌合戦について「最後の紅白という思いを秘めていました」としみじみ振り返った。

(來源:東スポWeb,部份中文翻譯可參看PTT)

白石麻衣が卒業発表!「外から乃木坂を見守っていきたい気持ちが強くなって」

人気アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣(27)が6日、都内でスポーツ各紙の取材に応じ、グループからの卒業を発表した。3月25日に発売される25枚目シングル(タイトル未定)をもって活動を終了。現時点で時期など詳細は明かさなかったが、卒業コンサートを行う予定だ。

報道陣の前に姿を見せた白石は「お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます」と頭を下げた後「3月25日の25枚目シングルをもちまして、乃木坂46から卒業することを決めました。時期とかは今後、事務所の方とかと相談して決めていくと思うので、また随時お知らせできたらと思います」と報告。この後、記者の質問に答える形で心境を明かした。

――いつごろから卒業を意識した

白石:卒業自体は2年たたないくらい前から考えていたんですけど。その中で他に卒業していくメンバーがいたりして、まだ見送る側でいたいなという気持ちがあった。あと、やっぱり乃木坂が好きで、もうちょっと乃木坂で活動したいなという気持ちがあって。ちゃんと決心がついたのは去年の夏ごろ。2020年のどこかで卒業したいなと決めました。

――卒業を決めたきっかけは

白石:私も27(歳)になって、今までは乃木坂の中でメンバーと一緒に仕事をして、支えてという立場だったんですけど、次は外から乃木坂を見守っていきたい気持ちが強くなって。4期生までみんな頼もしく成長してくれたので、私も今なら卒業のタイミングかなと思って決めました。

――誰かに相談は

白石:特にはしてはないんですけど、なんとなく同い年の松村沙友理ちゃんとかには「いつくらい」みたいな話はしていました。

――松村さんはどんな言葉を

白石:「寂しい」とは言われましたけど。でも、やっぱり唯一の同い年で1期生だし、一緒に9年間過ごしてきたので、いきなり発表するよりは事前にちょっとだけ言っとこうかと思って軽く伝えました。11月、12月くらいに。

――他のメンバーには

白石:ついさっき…。みんなの前で伝えました。「次のシングルで卒業します」ということと「そんなに(一緒に)いられる時間は長くはないと思うので、最後までみんなと楽しく過ごせたら」と。

――どんな反応

白石:1期生のいくちゃん(生田絵梨花)、(秋元)真夏、高山(一実)あたりは「いなくなっちゃうのは寂しい」と言ってくれましたね…。

――1期生の西野七瀬さんや桜井玲香さんの卒業もあった

白石:(西野らの卒業ライブを見て)自分が卒業する時は卒業ライブをしたいなと思いましたし、今まではずっと見送ってきた側ですけど、いざ自分が卒業すると決めて発表する側になったら、こんなにも緊張するんだなと。卒業したメンバーは強い決断をしたんだなと、カッコいいなと思いました。

――昨年大みそかのNHK紅白歌合戦では、胸に思いを秘めながらパフォーマンスしたのか

白石:そうですね。私からしたら最後なので、その時はメンバーには言ってなかったけど、自分の中では「最後になるんだな」と思いながら。みんなで最高のパフォーマンスを届けようと。

――卒業をして何かやりたいことは

白石:特に(笑い)。卒業した後に何がしたいかと言われたら、今まで乃木坂でしてきた通りのお仕事を中心に。お芝居やモデルだったりは変わらず続けていきたい。乃木坂46という看板が取れての活動になっていく。そこから新しいものを見つけていけたら。

――「乃木坂46を外から見守っていきたい」気持ちとは

白石:乃木坂はすごく居心地がいいので、そこに甘えてしまう自分もいて。でも、それだけじゃ成長できないし、後輩も一人ひとりが頼もしく成長してくれたので、乃木坂に頼らず個人の道で成長していかないと。そこから乃木坂を見守っていけたらと思います。

――後輩の成長を感じる時は

白石:最近でいうと、24枚目のシングルで4期生を後ろから見守るポジションだったんですけど、堂々とパフォーマンスしている姿や何か聞かれた時の受け答えも、加入して1年ちょっとでも、私たちの時とは考えられないくらいしっかりしてるなと思って。普段の仕事やライブのリハなどを見てても、こんなに急成長するんだなと思うくらいに。近くで毎日見て感じるので、これからも楽しみですね。

――9年間を振り返って思い出に残っていることは

白石:デビューする時は、乃木坂46というグループ名も知られていなかったので(シングルの)キャンペーン活動とかはみんな苦労した思い出がある。「AKB48?」とか言われたり、ティッシュ配りとかもしたので。でも、私は乃木坂で過ごしてきた8年、9年はつらかったよりも楽しい思い出の方が多い。やっぱり今のメンバーと過ごせたからかなと思う。

――いつぐらいから人気を実感

白石:意外と最近なんじゃないかと思ってて。東京ドームでライブを開催させていただいた2017年あたりが時期だったのかなとも思うし。でも、目指してたのは東京ドームだったけど、そこがゴールじゃないし、そこからどうグループとして大きくなっていくか新しい課題もできたので。全然、人気になったという気持ちはあんまり…。
周りから声をかけていただいて、知ってもらっているんだという気持ちはあるんですけど、まだ乃木坂は大きくなれると私は思うので。

――乃木坂46は多くのメンバーがファッション誌のモデルなどで活躍。白石さんは先駆者で道を開いたが、当時はどんな気持ちだった

白石:当時はすごい緊張もしますし、怖いなという気持ちもあったけど、そこを私がいくことでどんどん次の子につながっていくといいなと思っていた。やれる分は自分が精一杯やらせてもらった。今でもファッション誌で活躍するメンバーも多いですけど、全然、私の力じゃなくて、みんなの力。個性もあって輝いているメンバーばかりだから、いろんなお仕事につながっていると思います。

――開拓してきたという自信は

白石:自信はないですけど(笑い)。ファッション誌だったり、最初のグラビア撮影をさせてもらって、もちろん自分のためにもなりましたし、それ以上にグループにどうつなげていくかというところで…。難しいですけど、やってきてよかったですね。

――西野七瀬さんら卒業生の活躍は

白石:うれしいですよ。テレビや舞台で見られるのはうれしいですし、たまに会社で会ったりしても今まで通り変わらない姿が見られるので、卒業しても乃木坂のメンバーという気がします。

――今後、やってみたい仕事は

白石:基本的には今までと変わらずお芝居も挑戦していきたいし、ファッション誌も出たいですし。まあ、機会があれば…音楽にもちょっとだけ携わっていけたら。

――歌手ですか

白石:そうですかね…。

――具体的にこういう人になりたいというものは

白石:(小さな声で)ないですね(苦笑い)。あまり大きいところを目指さず、卒業してからこうやっていきたいという気持ちも出てくるかなと思うので、そこから考えていけたら。
shiraishimaigruduate2.jpg
(來源:J-CASTニュース)

白石麻衣卒業への生駒里奈コメントにファン「泣いてもうた」「思うこと言ってくれた」

かつての盟友の門出を祝福

生駒さんは7日にインスタグラムのストーリーズを使い、白石さんに対するコメントを投稿。ストーリーズは絵文字やポップなフォントなどの使用が可能だが、生駒さんはあえて白地に黒文字というシンプルなデザインで「まいやん卒業ですね 音楽番組見るたびに、ハッとさせられる美しさ。これからも増し続けるのでしょう」と、白石さんの卒業について言及した。続いて「乃木坂をずっと引っ張ってくれてありがとう」と感謝の言葉をつづり、「乃木坂の美しさは貴女だと思ってます」と賛辞を送っている。

1期生の同期であり、初期から乃木坂46を盛り上げた盟友という関係性が改めて浮き彫りとなった今回の投稿にファンは興奮。SNSには、「完全に泣いてもうた」「ファンが思うこと言ってくれた」といった感動の声が続々と寄せられた。

生駒さんの他に、元メンバーの若月佑美さん、永島聖羅さんも白石さんの卒業についてコメントを投稿している。元乃木坂46でタレントの生駒里奈さんが2019年1月7日、インスタグラムのストーリーズを更新した。同日にグループからの卒業を発表した白石麻衣さんについてコメントしている。
shiraishimaigruduate3.jpg
(來源:LIKEJAPAN)

深夜震撼彈 日本報章頭條 白石麻衣從乃木坂46畢業

被譽為乃木坂46「絕對ACE」的白石麻衣在今天(1月7日)凌晨突然傳出畢業消息!

根據日本報章《産經SPORT》及《SPORT日本》報導,白石是在1月6日的採訪公佈即將從乃木坂46畢業一事。她參與的最後一張單曲將於3月25日發售,而正式畢業的公演日期則有待決定。

白石指她在一、兩年前已經有考慮在不遠的未來畢業,但正式下決定是在去年的夏天,並於同年年末告知了松村沙友理、秋元真夏及生田繪梨花等成員。

看見四期生等後輩們的成長,作為已經27歲的大前輩的白石便萌生從外面守護乃木坂的念頭,便選擇往個人的路進發。她相信,乃木坂在未來會發展得更龐大。

說到畢業後的發展,白石希望能繼續演員及模特兒的工作。至今白石也參與過《我的裙子在哪裡?》等不同劇集或電影的拍攝,而乃木坂也有不少畢業生正從事演員或模特兒,相信白石從組合畢業後的發展十分值得期待。

(來源:KKBOX)

乃木坂46王牌白石麻衣宣布畢業!白石:「今後將作為粉絲繼續支持乃木坂」

就在今日,乃木坂46的王牌成員白石麻衣,於官方網站發布正式訊息,宣布今年將從團體中畢業。而隨著白石麻衣的退出,乃木坂46最初的36名一期生,將只剩下秋元真夏、生田繪梨花、齊藤飛鳥等10人。對此,秋元真夏、生田繪梨花等成員與粉絲們一致表示,這是個讓人感到寂寞的消息。

根據日媒訪談,乃木坂46預計於3月25日發售的新單曲,將成為白石麻衣的畢業作,畢業公演的具體時間則未定。一直都是團體核心成員的白石麻衣,在2013年的團體第六張專輯《Girls' Rule》中首次擔任了中心位置,後來也陸續接下了三次中心位置,次數在團體中排名第三。而白石麻衣不但與乃木坂46共同經歷了紅白歌合戰出場、東京巨蛋演出、日本唱片大賞連霸等等輝煌紀錄,自己更是2018年的日本廣告女王,可說是團體人氣上升不可或缺的王牌。至於為何在乃木坂46發光發熱的巔峰期選擇畢業,其原因更讓人感到萬分好奇。

提到下定決心畢業的理由,白石麻衣說自己其實早從1、2年前就有了這樣的構想,而在去年夏天終於確定了畢業的時機,加上將後輩們的逐漸成長收入眼底,除了感受到大家都變得相當可靠以外,也開始認為也許現在就是畢業的時候了。「雖然至今都是站在和成員們一起互相支持的立場上,但往後希望能從團體外的世界繼續守護乃木坂46。」白石麻衣說道,並表示往後將作為粉絲繼續支持團體,相信乃木坂46往後也會更加成長茁壯。

在乃木坂46還沒有打下名氣的最初,白石麻衣承認當時常產生放棄的想法,出道當年的握手會沒什麼粉絲到訪,也常在街頭發衛生紙時被認錯為AKB48,但受到了來自粉絲和成員們的鼓勵,才終於努力到現在,轉眼間已經八年多,一路見證了團體的崛起。雖然和自己同樣多次擔任中心位置的西野七瀨與生駒里奈都已畢業,也曾因肩負重任的關係動搖過畢業的想法,但白石麻衣認為,畢業其實是很正面的事情,未來逐漸變化的乃木坂46就算在她畢業後,一定也將繼續閃閃發光,自己也不會就此停下腳步。

除了表示會努力到最後以外,白石麻衣也祝福乃木坂46在2020年將一帆風順,至於未來的演藝活動將朝向何處前進,她也早有想法,「想挑戰戲劇,也想拍攝雜誌,如果有機會的話也想走入音樂界,但並不是把目標設定得很高,而是懷抱著想這麼嘗試的心情」。而在畢業後,也將「戀愛解禁」的白石麻衣則表示自己暫時還沒有任何想法,目前將以充實工作為優先,在未來的新活動中,如果還能繼續獲得粉絲們的支持,她會感到非常開心。

相比生駒和西野,這次白石宣佈畢業雖然也是一片不捨之情
但大家普遍也有心理準備了,畢竟已經27歲,也站了最後一次在紅白的C
白石對乃團的付出已到了犧牲自己事業發展的地步,現在這時間點可說是正確的決定
就看會不會在奧運後才離開

相信御三家僅餘的松村也待不了多久
新內、高山甚至未到畢業年齡的生田的畢業也是隨時被推上日程的事
可憐真夏要不斷送別了(淚)
希望後白石時代的乃團能夠繼續上行!

留言

秘密留言

自我介紹

藍澤千影

Author:藍澤千影
.某行業老年無能雜工一名
.不知為何喜歡東方和可愛的動漫
請多來多留言~
如發現有影片連結已被移除,歡迎通知以便本人修補,謝謝^^
PS.請勿擅自抄襲本BLOG內容
PSA.請勿用真名稱呼本人XD...

狀態:σ`∀′) ゚∀゚)σ(?)

心情音樂:ポルノグラフィティ
小型聊天室
最新文章
類別
  K-ON (44)
最新留言
月曆
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
瞬間看地球(?)
FC2計數器(同一IP一天只計算1次)
來訪者統計(26/3/10開始)
free counters
搜尋欄
連結
部落格好友的申請

和此人成爲部落格好友

月份存檔
RSS連結